浮気を疑われている時にとるべき行動とは?

男性が浮気を疑われた時に面と向かって「浮気してる?」と聞かれれば、全力で否定するのが夫婦のマナーです。
でもこれは最終的な局面であり、それまでに浮気を疑われていたはず。
そう、その疑わしいと思われている時にきちんと対策ができていれば、奥さんに面と向かって責め立てられるような修羅場になることはありません。
そこで、「疑われてる?」と気配を感じた時に取るべき行動を挙げてみました。

1.スマホをリビングに放置する
スマホは不倫ツールとしては欠かせない存在です。
そのため、不倫を疑う奥さんは必ずやスマホをチェックすることを試みます。
その行動を逆手にとって浮気の疑いを吹き飛ばします。
まずは、浮気相手に「奥さん対策期間」を設けるから、しばらくは連絡を絶つことにすると根回ししておきましょう。
黙って決行すると不倫相手が不安に陥り、下手を打たれます。
必ず「LINEもメールも電話もダメ」と伝えてください。
そして今までの足跡を全て消し去ります。
メッセージの送受信履歴の削除、連絡先の削除、電話の受信発信履歴の削除。
写真なんかはもっての外ですから、注意しましょう。
それ以外にも彼女の存在を示すものは全てデータを移動させるか、削除しておきます。
これみよがしにテーブルなどに放置するよりもうっかり置き忘れたと演出する為に、ソファなどに置いておく。
または仕事に1日だけ持っていかないことも効果的です。

2.仕事を持ち帰る
不倫相手とのデートの口実は残業というのが一般的です。
でも奥さんにはそれを確かめる術がありません。
そこで自宅でサービス残業をして、残業の信憑性を高めます。
本気で忙しいとカモフラージュできれば、「亭主元気で留守がいい」という思考に自らスイッチ。
あなたのことを放っておいてくれるようになります。
男性は「いつも通り」を装うことが得意ではありません。
つまり何もしないことが仇となります。
然るべき工作で奥さんを安心させてあげるのも一家の大黒柱としては立派な務めであると心してください。